パソコンのOSって?

日本語では「基本ソフト」と呼ばれることがあります。
パソコンは電子部品の集まりであるという側面があります。
これをハードウェアと呼びます。
ハードウェアだけではパソコンは動かないのです。
ですからソフトウェアというのはデータとして提供されるのです。
そのソフトウェアの中でも最も基本的なものがOSであると言えます。
最近では購入したときにはすでに様々なソフトウェアがインストールされています。
これがなければただの電子部品の集まりでしかないのです。
ですからパソコンという機械を動かすためにはソフトウェアをインストールする必要があるのですが、最初にインストールされるのがOSなのです。
そのため基本ソフトと呼ばれることがあるのです。
ワードやエクセルもソフトウェアの一つですが、これらはOSなしでは動きません。
ウィンドウズが起動していなければウィンドウズ版のマイクロソフトオフィスをインストールする事はできないのです。
その他のソフトウェアは、OSが起動した後に読み込まれるのです。