退職時に完済するための住宅ローン借り換えとは?

住宅ローンの借り換えのポイントは将来の金利動向も然りですが、債務残高がみえてくる頃を見計らうのがおすすめです。
ローンの残高や返済期間によっては金利交渉でメリットが出る場合があり、手数料や手続きの手間を考えると他社に乗り換えることだけが良策でもないのです。
例えば、ローンの支払いが初期の段階では金利交渉や繰り上げ返済なども一つの対策です。
借り換えのタイミングとしてはローン残高が1000万円前後、返済期間が10年ぐらいでちょうど40代から50代の働き盛りの世代です。
家計負担が教育費などでも重くなる時期で、退職時期や年金支給時期を一つの目標に完済を図ります。
また、収入面も一番のピークを迎えるところである点も理由です。
退職金で住宅ローンの完済を図るのも一つの策ですが、老後のゆとりを考えれば住宅ローンの負担は借り換えで負担を軽くし、退職金は少しでも残しておきたいところです。
総額がどれだけ減るかがポイントとなるため、ある程度の残額と返済時期が見えてくる時点がベストのタイミングです。
住宅ローン借り換えランキング!金利と手数料一番お得は?【銀行比較!】