公共料金のクレジット払いってどう?

電気料金など、毎月支払わなければならない費用をクレジット払いにすれば、クレジットの利用額がアップします。
クレジットカードの利用料金に比例して、ポイントを増やすことができます。
クレジットカードを選択する時は、例えば電気料金なら支払先の電力会社次第でカードを切り替えた方がいい場合もあります。
ポイントの還元率がカード毎に違ってくることもあるためです。
クレジットカードの中には、年間利用料金が一定金額以上だとポイントの貯まりやすいゴールド会員になれるものもあります。
公共料金をクレジットカードで支払うと、カード支払日に一括で引き落としがされますので、口座管理がしやすくなるという利点もあります。
公共料金の内容や自治体によっては、クレジットカードが使えないところもありますので、あらかじめ確認してください。
クレジットカードが使えず口座からの引き落としがメインとなる公共料金としては、水道料金があります。
公共料金をクレジットによる支払いに切り替えの際は二重引き落としにならないように気をつけましょう。