住宅ローン借り換えで減税はどうなる?

住宅ローンを借り入れて住宅を購入する場合に、購入者の金銭的負担を軽減するための制度が住宅ローン減税制度です。
毎年、年末の住宅ローン残高か住宅取得対価のどちらかのうち少ない方の金額の1%が10年間にわたって所得税の対象となる金額から控除されます。
所得税から控除しきれない分は、住民税からも一部控除されます。
この住宅ローン控除は住宅の新築、又は取得や増改築を対象とした制度なので、住宅ローンの借り換えは基本的には対象外です。
しかし、借り換えの住宅ローンが当初の住宅ローンの弁済に充てられることが明白で、ローン支払期間が10年以上残っている場合など、正規の住宅ローン控除の条件を満たしていれば、借り換えでも控除が認められます。
住宅ローン減税手続き方法は?確定申告書類!【2017年控除額】