エスタ申請にクレジットカード情報が必要?

アメリカの電子認証システム(通称エスタ)は開始当初は無料で申請できましたが、現在では有料となっています。
エスタ申請のための費用について紹介しましょう。
エスタの申請はインターネットで行われますから、インターネット環境を自宅に持っている人は自宅でも申請することができるのです。
しかし、パソコンを持たなかったり、ネット環境がない人は別の人に申請を代行してもらわなければなりません。
申請そのものは難しくありませんが、申請代行を依頼すると、安い業者でも4,000円以上を取られます。
作業の内容を考えればかなり高額な費用請求ですね。
申請の手続きそのものにも手数料がかかります。
自分でエスタ申請をする人は、14ドルだけを支払えばいいのです。
エスタ申請はアメリカ大使館のサイトから入ることができます。
パスポートの番号、住所氏名、クレジットカードの情報などを入力するだけです。
特別なことはありませんね。
インターネットで調べてみると、FAXや電話を使って申請代行をしてくれるサービスがたくさんあります。
詐欺行為には当たりません。
しかし、この費用を払いたくないと考えるのならば、自分でネットにアクセスする手段を考えてください。
クレジットカード現金化は口コミ・アフィリエイトの紹介も犯罪