レーシック種類あるの?

現在行われているレーシック手術の方法には、いくつかの種類があります。
まず最もオーソドックスなレーシック手術では、エキシマレーザーというレーザー光線の一種を角膜に照射します。
レーシック手術を受けても、手術後に目に痛みを生じることはほぼありません。
また最近になって注目されているレーシック手術の一種に、イントラレーシックと呼ばれる手術法があります。
レーシック手術をするときには、フラップという角膜のふたを作る工程があるのですが、従来のブレードではなく、レーザーを使ってフラップを作るのが特徴です。
また従来のレーシック手術では、視力の回復が困難というタイプの人もいます。
このため、カスタムメイドで、レーシック手術を進めることができます。